REPORT

さいたまYEG 倉澤幸恵会長

2022.03.30

さいたまYEG

「未来への扉」

~次代へ サブタイトルチャンスをつかめ!!~

 

会長 倉澤幸恵

 

さいたま商工会議所青年部は、設立されてから今年度で19年目を迎えます。新型コロナウィルスが全世界に蔓延し先行きが見えない状況となりました。経済にも大きな影響を及ぼしている 昨今、回復傾向の業種とは逆に、人々の動線に依存する飲食・宿泊・観光・交通などは重大な悪 影響が続いており、業況格差も一段と鮮明化しているのではないでしょうか。

ワクチン接種等により人の流れが抑制されない社会生活を営む環境が整い、明るい未来、アフ ターコロナに向けて、今後の変化や流れに乗り遅れないよう、私たちは次代への先導者として研 鑽に努めていかなければなりません。未曾有の危機によってもたらされたデジ の進歩は、私たちの創造力を豊かにし、周囲との心のつながりを保つ一助となりました。どのよ うな状況においても「今できること」を常に意識している当会は、コロナ編においてもオンライ ンやハイブリッド形式での会員同士の交流、事業例会の開催を行って参りましたが、自企業、家 庭、教育の中でもオンラインでのシステムが当たり前になった今、会員企業においてもDX(デ ジタルトランスフォーメーション)推進に乗り遅れることのないよう、デジタル技術の変革を実 践できる機会を準備しております。

また、当会には多くの若手経営者がいます。日本有数の会員数を誇り、諸先輩方が築き上げて きた功績と文化を引継ぎ、より発展させていくことが使命であります。歴史を繋ぐ若手世代が大 いに盛り上がり、活発に活動をしていくことで、今までにない創造性に富んだ行動を積極的に取 り入れたいと考えています。大いに増し、盛れる情熱で失敗を恐れずに挑戦してもらう土壌を 作ることが、更なる当会の発展に繋がるチャンスになるでしょう。これまで積極的にビジネスマッチングを推進してきた当会は、今和4年度も変わることなく、会員のビジネスチャンスを広げ る活動を推進していきます。自企業の発展なくして、会員の皆様の積極的な事業参加は難しく なってしまいますが、契業種の集まりである当会は多くの出会いの場を提供できます。当会への 参加を契機に、この先、何か困難なことがあっても、思い合える仲間、助け合える仲間を作れる ような会員相互の交流も促進します。

さらに、女性活躍につきましても、自らが初の女性会長として会員の目標となれるよう努める ほか、次代へと続く女性リーダーを育んでいきます。

そして、今年度は、「中期ビジョン2018」の検証を行うほか、翌年にはさいたま商工会議 所及び当会の20年目を控える年度であります。20年目という節目に向かって、今年度も中期 ビジョン達成を目指し、現在の世情における変化をチャンスに変え、私たち青年経済団体が地域 に貢献すべく邁進して参ります。

2024年には商工会議所の設立者で日本資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一角が新一万円札の 顔になり、時代の人となります。当会も様々な危機を乗り越え、近代日本の礎を築き上げた、渋 沢栄一に学び、現在のビンチ(pinch)をチャンス(chance)にチェンジ(change)させ、一年間、皆と 一つになって次代へ進むことにチャレンジ(challenge)していきます。

今年度スローガンは、「「未来への扉」次代へ~チャンスをつかめ!!~」を掲げさせていただ き、「若手の挑戦のチャンス」、「ビジネスチャンス」を提供し、「ピンチはチャンス」と捉え 会員と共に明るい未来への扉を開いて参ります。

 

arr_top

埼玉県商工会議所青年部連合会

〒335-0004 埼玉県蕨市中央5-1-19 蕨商工会館

電話:048-432-2655 FAX:048-444-1785

MAIL info@warabicci.org(事務局)

アクセス数: